法律の専門家に相談

法律と社会保険労務士

社会保険労務士に必要な法律

社会保険労務士は、労働や社会保障に関する法令に基づく書類作成の代行、企業を経営していく上での労務管理、社会保険に関する相談や指導等を行います。そのため、業務に関連する法律を知っている事が求められます。そしてその範囲は非常に広いです。また、それを知っているだけではなく、実際にそれを活用しての事務手続を行います。加えて、それに関連した企業や従業員等の質問や相談に応じます。知っておくべき法律が多いだけではなく、改正が少なくないため、最新の情報を常に把握しておく事も大切です。それを学び、実務の現場で使え、相手に安心感を与える事が重要です。

社会保険労務士は福祉のために

社会保険労務士は病気やけが、老齢、失業などいざというときの事故に関する法律に通じ、皆さんの福祉に貢献するお仕事です。思わぬところで病気やけがをしてしまい、高額の医療費がかかってしまった時のための高額療養費、また病気やけがで働けなくなってしまった時の一定期間の所得保障の傷病手当金などの知識をもっていますので、お役にたてるのです。また老齢になっても一定の収入が保証される年金は、制度が複雑なため、一般の人ではわかりにくいところもあるのですが、きちんと伝えることができます。また労働基準法という法律にも通じていますので、各種の労働問題についても解決策を提示することができるのです。ぜひ上手に利用してくださいね。

法律相談をするときの情報